船舶免許の更新・失効再交付手続きは国土交通省登録の海事代理士事務所

お電話でのお問い合わせ・ご予約

海技免状(大型)の更新・失効再交付

1.【海技免状の更新と失効再交付について】

海技免状(航海・機関・通信・電子通信)の有効期間は5年です。 海技免状の更新手続きは、有効期限の1年前から行うことができます。更新手続きをしないまま有効期限を過ぎると免状は失効し、海技士として乗船することが出来なくなります。

※ただし、海技免状は終身免許ですので『失効再交付講習』を受講することにより、また新たに5年間有効の免状が交付されます。

海技免状の更新・失効再交付方法は次の2通りとなります。

(1)乗船履歴での更新

船舶職員としての乗船履歴が、有効期間満了日前5年間に合計で1年以上ある方、又は更新申請前6ヶ月間に3ヶ月以上ある方が対象(船舶職員以外の場合等ご相談下さい)。
※当事務所に手続きを依頼される場合は、更新に必要な書類をお送りしますのでご連絡下さい。

遠藤海事事務所

022-362-3616

(2)更新・失効再交付講習会の受講

左記上記(1)の乗船履歴がない方、または乗船履歴があっても海技免状の有効期限が切れている方は、JEIS東北(宮城県塩釜市)または全国のJEISで開催されている更新・失効再交付講習会を受講する必要があります。

更新時のご注意

更新手続きのタイミングによって新しく交付される海技免状の有効期間が変わります。
有効期間満了日より6ヶ月以上前に更新した場合には、免状交付日(更新日)から起算して5年間となり、有効期間満了日前6ヶ月以内に更新した場合には、有効期間満了日から起算して5年間となります。

更新手続きのタイミングによって新しく交付される海技免状の有効期間が変わります。 更新手続きのタイミングによって新しく交付される海技免状の有効期間が変わります。

2.【更新・失効再交付講習会のお申し込みから
海技免状交付までの流れ】

船員法指定病院身体検査について(必ずお読みください)海技士身体検査証明書
  1. STEP1

    講習会のお申し込み

    ご希望の日程をお選び頂き、お電話・ホームページ等でお申し込みください。

  2. STEP2

    講習会のお申し込み後

  3. STEP3

    講習会当日

    1. (1)必要書類のご提出と料金のお支払い
    2. (2)講習会の受講
  4. STEP4

    新免状のお届け

    後日、新免状を郵送にてお届けします。

初めに講習会日程表から、ご希望の講習日・会場・時間帯をお選びください。

お申し込み方法

  • インターネットからのお申し込み

    日程表からご希望の日程の『予約へ進む』ボタンをクリックすると申し込みフォームへ移動します。
    必要事項をご記入の上、送信してください。

  • お電話でのお申し込み

    遠藤海事事務所までご希望の日程をお知らせ下さい。
    平日午前9時~午後6時まで。
    電話:022-362-3616

3.【更新・失効再交付講習会当日にお持ちいただくもの】

海技免状

紛失の場合は自動車運転免許証の写し

  • 国際航海に従事する『航海士』であって、海技免状の無線資格についての英文表記(乗船時無線資格を所持しなければならない)旨の記載を削除する場合は無線従事者免許証の写し
  • 『通信』の方は船舶局無線従事者証明書(効力のあるもの)
  • 印鑑

    認め印可

    印鑑
  • 写真1枚

    縦30mm×横30mm・無帽・無背景・6ヶ月以内に撮影したもの。

    ※当日会場で撮影することが出来ます(一部会場を除く)。写真についてはこちらをご覧下さい。

    写真1枚
  • 料金

    お支払いは現金のみ。クレジットカードやスマート決済等は使用出来ませんので予めご了承下さい。
    更新と失効再交付は料金が異なります。詳しくは料金表をご覧下さい。

    料金
  • 住民票 1通・収入印紙代1,000円

    ※海技免状の記載事項(氏名・本籍の都道府県名)に変更がある方のみ(本籍地記載、交付から1年以内のもの。)

    住民票 1通・収入印紙代1,000円

4.【講習会受講の注意点】

講習会当日は上記必要書類をお持ちになり、講習会開催時間の15分前までに直接会場へお越し下さい。
遅刻(講習開始時間を過ぎた場合)された場合は受講することが出来ませんので予めご了承下さい。

5.【講習会の内容】

講習時間

講習内容対象者講習時間
更新海技士全て約1時間30分
失効再交付四級海技士~六級海技士で有効期限切れ5年以下約3時間
一級海技士~四級海技士の通信・電子通信で有効期限切れ
四級海技士~六級海技士で有効期限切れ5年以上約8時間
一級海技士~三級海技士で有効期限切れ5年以下
一級海技士~三級海技士で有効期限切れ5年以上約13時間
(2日間)

講習対象者

海技免状の更新・失効再交付講習会を受講する場合は、船員法指定医が発行した身体検査証明書(申請日以前3ヶ月以内のもの)を受有し、身体適性に関する基準を満たしている必要があります。 講習会前日までに必ず受診を済ませてください。

(身体適性基準)

  • 視力検査

    ※矯正(眼鏡・コンタクトレンズ)可。

    • 海技士(航海)… 各眼0.5以上
    • 海技士(機関)… 両眼で0.4以上
    • 海技士(通信・電子通信)… 各眼0.4以上
  • 色覚

    船舶職員としての職務に支障をきたすおそれのある色覚異常がないこと。

  • 聴力、疾病及び身体機能の障害の有無

    怪我や病気などで運動機能に支障のある方は、事前にご相談下さい。
    その他身体検査に関してご相談がある場合はご連絡下さい。

講習

当日配布される教本に基づく講義と視聴覚教材(DVD)の視聴となります。筆記試験等はございません。

【講習機関】
 JEIS東北 / (株)日本船舶職員養成協会東北

6.【講習会受講後の海技免状発送について】

新しい海技免状は後日郵送(簡易書留)にてお客様のもとへお届け致します。早ければ発送日の翌日に到着となりますが、郵便局の配達状況によりますので予めご了承下さい。

発送の目安

講習会の種類対象者新免状の発送日
更新海技士全て講習日当日の夕方
失効再交付四級海技士~六級海技士で有効期限切れ5年以下講習日当日の夕方
一級海技士~四級海技士の通信・電子通信で有効期限切れ
四級海技士~六級海技士で有効期限切れ5年以上講習日の翌日
一級海技士~三級海技士で有効期限切れ5年以下
一級海技士~三級海技士で有効期限切れ5年以上
ページの先頭に戻る