遠藤海事事務所  endo marine affairs office 

                     お問い合わせ・お申込みは/ TEL 022−362−3616


TOP

お知らせ

事務所紹介

海事代理士業務・委任状

船舶免許の取得

小型船舶操縦免許制度の改正

船舶免許の更新・失効再交付
 
免許の紛失・訂正

講習会日程

講習会開催会場

講習会受講のお申し込み

Q&A

リンク

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問い合わせ

船舶免許の更新・失効再交付   


免許の有効期限について


・船舶免許の有効期限は5年間です。



・船舶免許は終身免許ですが、更新手続きをせずに有効期限が過ぎた場合は失効し、

 その免許で船舶に乗り込むことが出来なくなります。その際は、失効再交付の手続きが必要です



・自動車運転免許と違い、有効期限が経過しても失効再交付講習会を受講することにより

 新しく免許が作成されるので、資格を失うことはありません
 


・更新のための更新講習会は有効期限の1年3か月前から受講することが出来ますが、
 
 新免許証の交付は有効期限の1年前から可能となります。【図1 参照】



・更新時期内であれば、更新講習会を早く受講しても遅く受講しても、

 更新後の有効期限は現在記載されている日から5年後となります。【図2 参照】



【図1】



【図2】
 ↑更新後は黄色の部分の5年後となります



更新・失効再交付について


更新の場合、更新講習会を受講するか必要な乗船履歴がある場合所定の書類で証明されれば

更新手続きが出来ます。失効再交付の場合、講習会を受講すれば手続きが出来ます。
  


講習会は、国土交通大臣の登録を受けた全国の講習実施機関で随時開催されており、

本籍地や現住所に関係なく全国どこででも受講する事ができます。なお、詳しくは下記をご覧下さい。


 小型船舶操縦士更新について

 ・小型船舶操縦士失効再交付について

 ・海技士更新について

 ・海技士失効再交付について