遠藤海事事務所  endo marine affairs office 

                     お問い合わせ・お申込みは/ TEL 022−362−3616


TOP

お知らせ

事務所紹介

海事代理士業務・委任状

船舶免許の取得

小型船舶操縦免許制度の改正

船舶免許の更新・失効再交付
 
免許の紛失・訂正

講習会日程

講習会開催会場

講習会受講のお申し込み

Q&A

リンク

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問い合わせ

海技士免許(海技免状)の更新               


対象者

・1〜6級海技士(航海・機関・通信)の海技免状を受有している方で免許が有効期限内の方

 (有効期限日から遡って、1年前から可能です)


・複数の免許を保有する場合、1つの免許が更新期間内の方(複数免許受有者)


・更新期間の全期間を通じて海外に滞在する方(本邦外長期滞在者) 


更新の要件

・一定の身体検査基準を満たしていること


・次の要件のうち、いずれかひとつを満たしていることが必要です。


@ 国土交通省の登録を受けた講習実施機関が行う更新講習会を修了していること講習会日程

受講料

 13,000円(受講料・身体検査料などすべて含む→内訳

内 容

身体適性検査の実施


 @視力について(5メートルの距離で万国視力表による)


 (矯正視力を含む)


 ・海技士(航海)の資格 両眼共に0.5以上であること


 ・海技士(機関)の資格 両眼で0.4以上であること


 ・海技士(通信・電子通信)の資格 両眼共に0.4以上であること



 A色覚検査について


 航海士・機関士・通信士全ての方が対象で色覚検査があります。


 その他、聴力(5mの話声語の弁別)


 疾病・身体機能の障害有無の確認 → 身体検査合格後


     ↓


 講義約50分程度、視聴覚教材の映示(DVD)約30分程度、


 全体で1時間20分程度 
 


A 必要な乗船履歴を有していること

(航海士)は船長又は航海士、(機関士)は機関長又は機関士、

(通信士・電子通信士)は通信長又は通信士としての乗船履歴が、

    1. 有効期間満了日前5年間の間に1年以上

    2. 更新を申請する日以前の6ヶ月以内において3ヶ月以上必要です。

    船員手帳その他所定の書類によって証明されなければなりません。


B Aの乗船履歴を有している者と同等以上の知識及び経験を有していると地方運輸局長が

  認める職務に一定期間従事していたこと


その他

※平成26年4月1日から、事前に海技士身体検査証明書を入手の上、

 船員法指定病院で受診する必要があります。

 乗船履歴での更新手続き、講習会受講による更新・失効再交付手続きを行う方、全てが対象です。

 身体検査証明書が必要な方はご連絡下さい。



※JEIS東北/(株)日本船舶職員養成協会東北で行われる海技士(航海士・機関士・通信士)

 更新・失効再交付講習会については、船員法指定病院の身体検査が当日受診出来ます



※船員法指定病院について、一覧表がありますのでお問い合わせ下さい。



※怪我や病気などで運動機能に支障のある方は、事前にご相談下さい。

 その他身体検査に関してご相談がある場合はご連絡下さい。



※その他の疑問点はQ&Aをご覧下さい。