遠藤海事事務所  endo marine affairs office 

                     お問い合わせ・お申込みは/ TEL 022−362−3616


TOP

お知らせ

事務所紹介

海事代理士業務・委任状

船舶免許の取得

小型船舶操縦免許制度の改正

船舶免許の更新・失効再交付
 
免許の紛失・訂正

講習会日程

講習会開催会場

講習会受講のお申し込み

Q&A

リンク

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問い合わせ

Q&A(1)更新・失効再交付講習会について

(小型船舶操縦士・海技士共通)         


(Q1)講習会の手続きを依頼した場合、どういう流れになるのですか?


講習会は事前受付です。お電話・受講申込書(はがき)・FAX・Eメールでの受付が可能です。


→詳細はこちら


        ↓

講習日当日、会場で受付後、身体検査(視力検査と問診)を受けます。


        ↓

講習会を受講します。受講後はそのままお帰り頂けます。


        ↓

当所にて国土交通省への更新申請を代行し、発行後、新免許証を郵送致します。


        ↓

4〜5年後(個人の有効期限によって変わります)、更新のご案内を致します。

※更新のご案内送付は特にお申し出がない限り、講習会受講の際にお申し込み頂いたご住所(大型のみ)、

  小型船舶操縦免許証記載の住所(小型のみ)に郵送いたします。


(Q2)講習会の申込みはどうすればいいですか?


こちらをご覧下さい。



(Q3)私は1級を持ってます。

     2級を持っている友人A、特殊免許のみを持っている友人Bと三人一緒に

           講習会を受講出来ますか?(小型のみ)


更新可能期間(有効期限日から遡って1年前から有効期限日まで)にある免許証をお持ちの方でしたら、

小型船舶操縦免許受有者は、級や住所に関係なく、どなたでもご希望の場所で受講する事が出来ます。

どなたかと一緒に受講したい場合は、お互いの免許の有効期限を確認してからお申し込み下さい。

なお、お申し込みはご本人以外の方でも可能です。


(Q4)私は更新できる期間に入っている1級を持ってます。

           有効期限が切れている2級を持っている友人と一緒に講習会を受講出来ますか?(小型のみ)


更新講習会と失効再交付講習会が同時に開催される講習会でしたら一緒に受講することが出来ますので、

講習会日程の種別の所を確認してからお申し込み下さい。

なお、開始時刻は一緒ですが、終了時間が失効再交付講習会の場合、

更新講習よりも1時間以上長くなりますのでご了承下さい。

どなたかと一緒に受講したい場合は、お互いの免許の有効期限を確認してからお申し込み下さい。


(Q5)引っ越し先で講習会を受講したいのですが、受講できますか?


講習会は本籍地・現住所に関係なく、全国どこででも受講可能です。

お問い合わせいただければ、お近くの講習機関をご案内することができます。



(Q6)住所が変わりましたが、何か手続きは必要ですか?


登録の変更をいたしますのでお知らせ下さい。

講習会のお申込みと同時の場合、新住所でお申込み頂ければそのままご登録になります。

ただし、平成15年6月以降発行された新小型船舶操縦免許証には住所が登録されており、

住所変更の際には登録事項訂正申請が必要になります。

個人によって手続き方法が変わりますので、住所が変わった時点でまずはお問い合わせ下さい。



(Q7)有効期限日の1年10日前ですが、講習会を受講できますか?


受講可能です。

講習会の修了証明書は3ヶ月有効ですので、実際は1年3ヶ月前から講習会を受講する事が出来ます。

ただし、新免許証に切り替わるのは有効期限日の1年前からですので、

それまで一旦旧免許証をお返しするかお預かりし、

発行までお待ちいただきます。詳細はお問い合わせ下さい。


(Q8)更新の時期に入っているのですが、講習会の案内が届きません


前回当所で手続きをされている方には、更新期間に入る前に、自動的に更新のご案内をしております。

届かない原因としては以下の通りです。


@引っ越し等により、郵便局への届出から1年以上経過した(転送期間経過)

A郵便局へ届出をしていない(転居先不明)

B前回、他の場所(事務所)で手続きをしている


@とAの場合は、ご案内書が当所に戻ってきております。

なお、ご連絡いただければ、いつでもすぐにご案内書を送付致します。


(Q9)次回の更新期間に入った時に案内は送ってもらえるのですか?


当所にて申請手続きをされた方には、次回の更新期間に入る前にご案内を差し上げております。

ただし、その間ご住所が変更になった場合、ご案内が届かない事もありますので、

住所変更の際にはお知らせ下さい。

なお、平成15年6月以降発行された新小型船舶操縦免許証には住所が登録されており、

住所変更の際には登録事項訂正申請が必要になります。



(Q10)講習会受講後、新しい免許証が届きません。調べてもらえますか?


送付方法は、特にお申し出がない限り『簡易書留』でお送りしています。

ご連絡頂ければ、すぐにお調べ出来ます。

なお、普通郵便・速達郵便での発送を希望した方の場合、郵便局の追跡検索が出来ませんのでご了承下さい。



(Q11)高齢のため船舶免許を返納したい場合はどうすればいいですか?


免許証返納制度はないので、そのままお持ちになっていて下さい。

船舶免許は終身免許なので、ご本人が死亡した場合に返納することが出来ます。

なお、船舶免許受有者本人が死亡した場合は、国土交通省の登録原簿から抹消しなければなりませんので、

その際は速やかに免許証を返納して下さい。当所で抹消申請を行います。

返納した船舶免許証は記念に貰うことが出来ます。

ただし、国土交通省に返納し還付してもらうという手続きになりますので、

免許証は一旦お預かりいたします。

免許証を記念で還付する際の送付、抹消申請についてはサービスで行っております。

ご希望の方はお申し付け下さい。

今後免許証を使用する予定が無い方は、更新ご案内書の発送を止めますのでご連絡下さい。



(Q12)船舶免許受有者本人が死亡した場合はどうすればいいですか?


船舶免許受有者本人が死亡した場合は、国土交通省の登録原簿から抹消しなければなりませんので、

船舶免許証は速やかに返納して下さい。

当所で抹消申請を行います。

返納した船舶免許証は記念に貰うことが出来ます。

ただし、国土交通省に返納し還付してもらうという手続きになりますので、

免許証は一旦お預かりいたします。

免許証を記念で還付する際の送付、抹消申請についてはサービスで行っております。

ご希望の方はお申し付け下さい。