遠藤海事事務所  endo marine affairs office 

                     お問い合わせ・お申込みは/ TEL 022−362−3616


TOP

お知らせ

事務所紹介

海事代理士業務・委任状

船舶免許の取得

小型船舶操縦免許制度の改正

船舶免許の更新・失効再交付
 
免許の紛失・訂正

講習会日程

講習会開催会場

講習会受講のお申し込み

Q&A

リンク

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問い合わせ


免許の紛失・訂正                
 

船舶免許の紛失手続きや訂正をご希望の方は、全国どこに在住の方でも郵送により当所で

手続きすることが出来ます。

フローチャート拡大図


海技士免許(海技免状)、小型船舶操縦免許の『紛失』について


@更新手続きができる期間に入っている場合(更新期間内)


(1)更新講習会受講と同時に行う場合
 
 講習会のお申し込みの際、『紛失』であることをお申し出下さい。

 再交付に係る手数料は発生しません。
 

  講習日当日、通常お持ちいただく書類の他に、自動車運転免許証の写し1通(※注(4))

 お持ち下さい。

 
  なお、小型船舶操縦免許の方で、免許証に記載されている内容に変更のある方は、

  住民票1通が必要です。 ※注(1) 




(2)更新講習会を受講せずに免許証の再交付のみを行う場合
 
 下記の書類を当所までお持ちいただくかお送り下さい。

 ご請求いただければ再交付ご案内書を発送致します。


 ・再交付申請料 5,000円 ※注(2)
 

 ・写真1枚 ※注(3)
 

 ・自動車運転免許証の写し1通 ※注(4)
 

 ・委任状(Word)(PDF) ※ダウンロードし、印刷の上必要事項を記載して下さい。



 なお、小型船舶操縦免許の方で、免許証に記載されている内容に変更のある方は、

 住民票1通が必要です。 ※注(1)



A更新手続きができる期間に入っていない場合(更新期間外)


 下記の書類を当所までお持ちいただくかお送り下さい。 

 ご請求いただければご案内書を発送致します。
 

 ・再交付申請料 5,000円 ※注(2)
 

 ・写真1枚 ※注(3)
 

 ・自動車運転免許証の写し1通 ※注(4)
 

 ・委任状(Word)(PDF) ※ダウンロードし、印刷の上必要事項を記載して下さい。

 

 なお、小型船舶操縦免許の方で、免許証に記載されている内容に変更のある方は、

 住民票1通が必要です。 ※注(1)



B免許の有効期限が経過している場合(失効)


 失効再交付講習会を受講しなければ、免許証は作成されません。


 講習会のお申し込みの際、『紛失』であることをお申し出下さい。
 

 講習日当日、通常お持ちいただく書類の他に、自動車運転免許証の写し1通(※注(4))

 をお持ち下さい。


 なお、小型船舶操縦免許の方で、免許証に住所が記載されていない方、記載されている内容に

 変更のある方は住民票1通が必要です。 ※注(1)




海技士免許(海技免状)、小型船舶操縦免許の『訂正』について


免許の記載内容に変更・訂正があった場合、下記の手続きが必要です。

平成15年6月以降に発行された小型船舶操縦免許受有者は、住所が変更になっても手続きが

必要です。(市町村合併などによる住居表示変更の場合でも必要です ※注(1)



@更新手続きができる期間に入っている場合


(1)更新講習会受講と同時に行う場合
 
 講習会のお申し込みの際、変更になった事項をお知らせ下さい。 

 小型船舶操縦免許の方は、講習会受講と同時に訂正する場合、訂正手数料は徴収されませんが、

 講習日当日住民票1通が必要です。 ※注(1)


 海技士免許(海技免状)の方は、訂正申請の収入印紙代1,000円住民票1通

 必要です。 ※注(1)




(2)更新講習会を受講せずに『訂正』の手続きだけをする場合


 下記の書類を当所までお持ちいただくかお送り下さい。

 その際、変更になった事項をお知らせ下さい。

 
 ・海技士免許(海技免状)、小型船舶操縦免許証 


 ・訂正申請料 3,000円 ※注(2) 
 

 ・写真1枚 ※注(3)
 

 ・住民票1通 ※注(1) 
 

 ・委任状(Word)(PDF) ※ダウンロードし、印刷の上必要事項を記載して下さい。



A更新手続きができる期間に入っていない場合


 下記の書類を当所までお持ちいただくかお送り下さい。

 その際、変更になった事項をお知らせ下さい。

    
 ・海技士免許(海技免状)、小型船舶操縦免許証    
 

 ・訂正申請料 3,000円 ※注(2)
 

 ・写真1枚 ※注(3) 
 

 ・住民票1通 ※注(1) 
 

 ・委任状(Word)(PDF) ※ダウンロードし、印刷の上必要事項を記載して下さい。



B免許の有効期限が経過している場合

 

 失効再交付講習会を受講しなければ免許証は作成されません。

 講習会のお申し込みの際、変更になった事項をお知らせ下さい。


 小型船舶操縦免許の方は講習会受講と同時に訂正する場合、訂正手数料は徴収されません
 

 小型船舶操縦免許の方で免許証に記載されている内容に変更のある方は住民票1通

 必要です。 ※注(1)


 海技士免許(海技免状)の場合、訂正申請の収入印紙代1,000円住民票1通

 必要になります。 ※注(1)




注意事項


(1)小型船舶操縦免許証に現住所が記載されていない方、免許証に記載されている住居表示

  (市町村合併を含む)・氏名・本籍の県名などに変更があった方は、住民票(本籍地記載、

   1年以内に発行されたもの)の提出が必要です。
  

   ※現住所が記載されている免許証をお持ちの方で、行政による地名表記等の変更の場合は、

    住民票に代えて各市町村が発行する下記の書類でも結構です。


    [町名地番変更証明書]

    もともとお住まいの地区が土地区画整理事業などで町名や地番が変更になった場合に、

    旧住所と新住所が連続する同一の住所だということを証明するもの。


    [住居表示変更証明書]

    もともとお住まいの地区が住居表示地区に変更になった場合に、行政が旧表記住所と

    新表記住所が同じ住所だということを証明するもの。


(2)上記の申請料金は、収入印紙代・送料(簡易書留)・申請手数料の諸費用込みの料金です。
 

(3)写真は、過去6ヶ月以内撮影のもののみ受付致します。白黒・カラーどちらでも可能です。

   小型船舶操縦免許の場合、写真のサイズは 縦45mm×横35mmです。
     
   海技士免許(海技免状)の場合、写真のサイズは 縦30mm×横30mmです。

   なお、ご本人が当所までお越し頂いた場合、当所で撮影できます。
     
   紛失・訂正のみの手続き依頼で、当所で写真撮影をされた方には写真代をサービス致します。


(4)本人である事が確認できる書類として、自動車運転免許証を所持していない方は

   パスポート・健康保険証等の写しでも可能です。


その他


・書類を郵送していただく場合、通常は当所に届いた当日もしくは翌日に交付し、

 即日発送致します。
  

・新免許証は通常、簡易書留でお送りしております。

 送付先を変更したい場合、送付方法を変えたい方はお知らせ下さい。


・申請料金のご入金方法は、下記の中からお選び下さい。

   @現金書留で現金を送付(必要書類と一緒に郵送出来ます) 
 
   A銀行振り込み(手数料はお客様ご負担、振込先はお問い合わせ下さい)
 
    
・書類の送付先は下記の通りです。
 
   〒985-0021 宮城県塩釜市尾島町18-20 遠藤海事事務所  рO22−362−3616