遠藤海事事務所  endo marine affairs office 

                     お問い合わせ・お申込みは/ TEL 022−362−3616


TOP

お知らせ

事務所紹介

海事代理士業務・委任状

船舶免許の取得

小型船舶操縦免許制度の改正

船舶免許の更新・失効再交付
 
免許の紛失・訂正

講習会日程

講習会開催会場

講習会受講のお申し込み

Q&A

リンク

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問い合わせ

小型船舶操縦免許制度の改正      

平成15年6月1日より小型船舶の免許制度が変わりました。

また平成16年11月1日より1級及び2級の免許に設けられていた

総トン数5トン未満の限定区分が廃止されました。


小型船舶操縦免許の資格区分(平成16年11月から適用)

1級小型船舶操縦士(外洋免許)、2級小型船舶操縦士(沿岸免許)、

特殊小型船舶操縦士(水上オートバイ用免許)の3区分です。

免許の種類
操縦できる範囲
(区 域)

操縦できる範囲
(大きさ)

取得可能
年 齢
1級
全ての水域(※1)

 20トン未満又は

 24m未満(※2

18歳
2級
(※5)

 平水区域(※3)

 陸岸から5海里以内

 20トン未満又は

 24m未満(※2)
16歳
2級(※4)
(1海里限定)

陸岸から1海里以内

 20トン未満又は

 24m未満(※2)

16歳
2級

(湖川小出力限定)

川・湖
指定された一部の水域

 5トン未満

 機関出力15kw未満

 (20馬力以下)

16歳
特 殊

 陸岸から2海里以内


水上オートバイ専用

16歳

(※1)ただしヨット以外で陸岸から100海里を超える区域を航行する場合は、

           6級海技士(機関)以上の資格を持った機関長を乗り組ませること

(※2)用途がスポーツやレクリエーションに限られるなどの一定の基準を満たすこと。

            漁船などの業務船は除く。

         (スポーツ又はレクレーションにのみ用いられるとは、個人・法人が所有する

            プレジャーボートのことです。)

(※3)湖・川及び港内の他、東京湾・大阪湾などの指定された水域

(※4)旧5級資格。経過措置により残っているだけで、現資格にはありません。

(※5)16歳以上18歳未満の方には18歳の誕生日の前日まで若年者限定として

           5トン限定が付されます。
   

  @免許申請時に18歳未満の方は、操縦免許証に18歳の誕生日の前日までに限り、

         若年者限定の表示が付きます。  


  A平成16年10月31日までの間に二級資格を取得した16歳以上18歳未満の方の場合、

         若年者限定が付された免許を受有している者とみなされます。


  B若年者限定が付いている方が18歳に達した場合、18歳の誕生日以降次回の

   更新や訂正などがあるまでは、限定のない操縦免許証としてそのまま使用できます。


特定操縦免許制度(小型旅客安全講習)

小型旅客船や小型遊漁船など人の運送をする小型船舶の船長になろうとする方は、

小型船舶操縦試験合格に加え『小型旅客安全講習』の受講が必要となります。


平成15年6月以降の新規取得者が対象で、

平成15年6月以前に小型船舶免許を取得している方には

自動的に付されますから手続きは不要です


   (旅客船):旅客の運送を主要目的とする船。客船。 
     
     (遊漁船):釣りなど娯楽のために客を乗せて航行する船舶


この講習会は(株)日本船舶職員養成協会東北にて定期的に開催しております。

日程はお知らせページ内の「旅客安全講習会のお知らせ」をご覧下さい。


免許証について

免許証は『海技免状』から『小型船舶操縦免許証』に名称が変わり、

今まで記載がなかった住所や英文が表記され、様式が変わりました。

なお、新免許証へは更新・失効再交付・訂正などの申請の際に

自動的に切り替わりますので手続きは不要です。

新免許証が交付になると下記の通り名称が変更になります。


平成15年6月1日以前に取得した海技免状をお持ちの方

旧免許  新免許
1級 1級+特殊
2級
3級 2級+特殊
4級
5級 2級(1海里限定)+特殊
4・5級湖川小馬力限定 2級(5トン・湖川小出力限定)



平成15年6月1日以降総トン数5トン未満の限定の付された

1級及び2級小型船舶操縦免許証を取得された方

旧免許  新免許
1級(5トン限定) 1級
2級(5トン限定) 2級


小型船舶操縦者の遵守事項

小型船舶のより一層の安全を図るために、小型船舶の船長が守らなければならない

遵守事項が規定されました。
 

1. 酒酔い操縦等の禁止(平成18年10月施行)

  ・飲酒、薬物、病気、過労等の影響により、注意力や判断力などが著しく
         低下しているなど、正常な操縦ができないおそれがある状態で、小型船舶を
         操縦することの禁止
  
  ・飲酒後正常でない状態での操縦の禁止

      (ふくそう水域又は遊泳者等の付近を航行する場合の数値基準は呼気1L中
           0.15mg以上)


2. 免許者の自己操縦

  ・水上オートバイを操縦するとき(全ての水域)
  
  ・水上オートバイ以外の小型船舶については、港則法の港内及び海上交通安全法の
         航路内を航行(横断を含む)するとき

  ※ただし、次の場合は自己操縦の対象外

   @漁業法に規定する漁業、海上運送法に規定する船舶運航事業、

    その他の国土交通省が告示定める事業の用に供する小型船舶をその事業に

    従事する者が操縦する場合
    

   A指定試験機関の小型船舶操縦士試験員、教習所の教員が操船の指揮監督をする場合


   B帆走中の帆船において小型船舶操縦者が操縦の指揮監督を行う場合


   Cその他国土交通大臣が小型船舶の航行の安全上支障ないと認める場合

   (民間スクールや港祭りなどの体験乗船などで、安全面等の一定基準を満たすもの)


3. 危険操縦の禁止

  遊泳区域への不用意な進入や遊泳者等の付近で航走するなど、

  危険のおそれのある操縦は禁止されました


4. 船外への転落に備えた措置(救命胴衣の着用義務)(平成20年4月施行)

  ・航行中の特殊小型船舶(水上オートバイ)に乗船している場合

  ・12歳未満の小児が航行中の小型船舶に乗船している場合

  ・航行中の小型漁船に一人で乗船して漁労作業に従事している場合

  ・上記の他、小型船舶の暴露甲板に乗船している場合


5. 発航前の検査の実施(平成28年7月施行)

  燃料、潤滑油の量、気象・水路情報等の収集、船体の状態等の検査など、

  航行の安全に支障をきたさないよう実施しなければなりません


6. 見張りの実施(平成28年7月施行)

  航行の安全を確保するため、適切な見張りを実施しなければなりません


7. 事故発生時の対応

  海難事故が発生した場合等には、人命救助に必要な手段を尽くさなければなりません




小型船舶の船長が、上記1〜6の遵守事項に違反し、その違反行為の内容及び回数が

下記の表の基準に達した場合には、行政処分(6ヶ月以内の免許停止又は戒告)が
行われます。

ただし、再教育講習を受講した者については、行政処分が免除又は軽減されます。


<遵守事項違反点数>

違反の内容 点数 他人を死傷
させた場合
酒酔い等操縦、自己操縦義務違反、
危険操縦、見張りの実施義務違反
3点 6点
ライフジャケットの非着用、
発航前の検査義務違反
2点 5点


<受講通知・行政処分基準>


過去1年以内の違反累積点数
過去3年
以内の
処分前歴
3点
4点
5点
6点
(処分の対象外)
業務停止
1月
業務停止
2月
業務停止
3月
業務停止
4月
業務停止
5月
業務停止
6月

※処分前歴とは、遵守事項違反等による処分又は海難審判所の裁決による操縦免許に
係る処分の前歴をいう。



<再教育講習受講による行政処分の減免>

行政処分の内容 減免後の内容
戒告 処分の免除
1ヶ月以内の業務停止 戒告又は業務停止期間の短縮
1ヶ月〜6ヶ月間の業務停止 業務停止期間の短縮


一級小型船舶操縦免許取得講習会について

旧4級小型船舶操縦士または新2級小型船舶操縦士免許をお持ちの方が、

1級小型船舶操縦免許を取得する為の講習会を開催しております。

詳細はこちらをご覧下さい→プロモーション情報のページ

※船舶に関する用語、疑問点などは、Q&Aのページをご覧下さい。


QA

Q1)2級免許を取得しようと思っています。

    この資格で水上オートバイの運転も出来ますか?


A.出来ません。

新免許では、「特殊小型船舶操縦士」の資格を取得しなければ水上オートバイを

操縦できないからです。



(Q2)今回の改正に伴い、免許証の有効期限などは変わりませんか?


A.変わりません。現行通り5年間有効になります。

更新講習会については、1級・2級・特殊の各免許区分とも同じ講習会になり、

1級または2級と特殊の両方の資格がある方は1回の受講で更新出来ます。



(Q3)特殊免許を先に取得し、後日1級又は2級免許を取得した場合の

     免許証有効期限は?


A.後日取得した1級または2級免許交付日から5年間有効の免許証が新たに作成されます。


1級または2級免許を先に取得し、特殊免許を後日取得した場合も同様です。




(Q4)着用義務となる救命胴衣等とはどんなものですか?


A.
@船舶救命設備規則に適合する救命胴衣


A小型船舶安全規則に適合する小型船舶用救命胴衣


B船舶設備規程に適合する作業用救命衣


C小型船舶安全規則に適合する小型船舶用浮力補助具

                  ↓
  ・5.85Kgの質量を淡水中で24時間以上支える事が出来るもの

  ・水中において、着用者が安全に呼吸する事が出来るもの


(但し、船舶安全法の検査を受ける小型船舶に乗船している場合に着用義務となる

 救命胴衣は、船舶に備え付けている救命胴衣等となります)




(Q5)小型船舶用救命胴衣の代替措置とはどんな内容ですか?


A.小型船舶に備え置く救命胴衣が小型船舶用浮力補助具で良い場合
               ↓
平水区域を航行区域とする小型船舶でJCIが航行上の条件、

構造などを考慮して差し支えないと認める場合



(Q6)船舶用救命胴衣の着用義務を除外されるケースは?


A.
@救命胴衣などが健康・療養上不適当な場合や適切な着用ができない場合

A体型などの身体の状態により適切な着用ができない場合

B命綱又は安全ベルトを着用するなど適当な措置がされている場合

C海上運送法に定める運航監理規定を届け出た事業者の船舶に乗船している者

D遊漁船業の適正化に関する法律に定める業務規程を届け出た事業者の船舶に乗船している者

E船室内にいる場合


その他

※船舶に関する用語、疑問点などは、Q&Aのページをご覧下さい。